創部10周年を迎えた
      私たちの姿

テキスト ボックス: 大阪桐蔭高等学校
女子サッカー部

    印刷用pdf  創部10年を迎えた私たちの姿   

1. 2015年度私たちの姿

創部

2006年

所在地

〒574-0013大阪府大東市中垣内3丁目1番1号

TEL 072-870-1001(代表)FAX 072-875-3330(本館)

部長・監督

天野泰男

部員

34名(3年11人、2年12人、1年11人)

コーチ

安田真季

寮生

19名

主将

永野未紗樹

2.チームスローガンとキャプテン

 2007年よりチームスローガンを毎年チームが変わる2月から3月に生徒が中心となり決めています。キャプテンは、選手の意見を集約して監督、コーチが決めます。

チームスローガン・キャプテン

チームスローガン

キャプテン

2006-2007

 

 

 

柴田真奈未

2007-2008

IMPRESSIVE TOIN

柴田真奈未

2008-2009

COMPILATION TOIN:集大成

柴田真奈未

2009-2010

INHERITED PATIENCE:粘りの伝承

安食友貴

2010-2011

INDOMITABLE SPIRIT:負けじ魂

松井美樹

2011-2012

GIANT KILLING:上位を破って勝ち上がる

佐藤比香理

2012-2013

A Spirits of Potential Power:底力の発揮

泊 里穂

2013-2014

One for All:チームのためにすべてを尽くす

八雲千咲

2013-2014

KEEP EVOLVING to MAKE LEGEND:伝説を作るために進化し続ける

持田なな

2015-2016

CREATE PROGRESSIVE(革新を起こす)

永野未紗樹

3.過去の成績

 全日本高校女子選手権準優勝1回、ベストエイト3回、全日本女子ユース(U-18)選手権出場2回、全日本女子選手権大会出場1回など。詳しくは巻末の【資料1】参照。

 


創部2年目で全国大会出場を決めるなど速いスピードで成長してきましたが、創部10年で全国制覇するという目標のチャンスは今年1年となりました。この数年の成績はベスト8ですが、客観的な見方から私たちは全国ベスト16から8の間のレベルにいると思われます。

 関西で高校チームが増え選手が分散することから、このレベルを維持するにはスカウト活動の充実、トレーニングの質と強度、戦術レベルの向上などが必要と感じています。

 4.過去の部員数

入学年

2006

2007

2008

2009

2010

2011

2012

2013

2014

合計

入部者数

15

14

17

17

8

21

16

13

12

133

卒業者数

14

14

15

16

8

20

16

11

12

126

退部者数

1

0

2

1

0

1

0

2

0

7

退部割合

6.7%

0.0%

11.8%

5.9%

0.0%

4.8%

0.0%

15.4%

0.0%

5.3%

 退部の要因は様々ですが、経済的な理由、学校やクラブの環境の適合不合致などです。環境にあわず転学を希望しサッカーを続ける生徒に対しては、あらゆる可能性を模索し転学先を見つけてサッカーを続けています。(学校の方針による)

5.練習環境

主な練習グラウンド(大阪桐蔭高校本館グラウンド)

41メートル×88メートルの人工芝ロングパイルピッチ(照明付き)

練習時間と内容

曜日

時間

16:15

〜18:15

(15:45

〜17:00)

15:15

〜17:15

15:15

〜17:15

15:15

〜17:15

13:15

〜15:15

内容

ゲーム形式の練習又は回復トレーニング

ミーティング

練習はなし。体のケア。

フィジカル向上を目指す

基本技術と戦術向上を目指す

トレーナー指導

基本技術と戦術向上を目指す

試合を想定したトレーニング

公式試合又は練習試合

場所

大阪産業大学大学グラウンド

大阪桐蔭高校本館グラウンド

大阪桐蔭高校本館グラウンド

大阪桐蔭高校本館グラウンド

大阪桐蔭高校本館グラウンド

各地

曜日による具体的な練習内容

練習は日曜日に行われる公式戦に合わせて内容や運動負荷を考えます。トレーニング内容は毎日異なります。グループや内容は常に変化し対応力を高めます。

曜日

主な目的

アップ

TR1

TR2

ゲーム

大阪選抜練習日

疲労回復(日曜日メンバー)メンバー外はゲーム

調整力

11対11のゲームを行う時はTRはなし

大阪府選抜の練習がある時はそれ以外のメンバーでTRを行います。

11対11

身体と精神の疲労回復

60分以内のミーティング。トレーナーによる身体回復活動。積極的休息。

身体強化、戦術

調整力、技術、戦術

負傷予防を目的とした筋力TR

持久力を向上させるTR。

5-9人チームのゲーム

基本技術、戦術

トレーナー指導

調整力、技術、戦術

複雑な戦術TR++

チーム戦術TR

9-11人チームのゲーム

基本技術、戦術

調整力、技術、戦術

複雑な戦術TR+

チーム戦術TR

9人チームのゲーム

試合を想定したTR

調整力、技術、戦術

高度な戦術TR

GK、CK、FK、PKなど

ゴールキーパーは安田コーチが毎日60分間専門トレーニングを行います。

 6.トレーナー指導

 毎週木曜日平沢整骨院トレーナーによるフィジカルコンディション指導がおこなわれます。けがをしたら復帰までのプログラムを個人的に作成します。

テキスト ボックス: Ø 体の使い方指導
Ø けがのリハビリメニュー
Ø けが予防プログラム
Ø 栄養指導
Ø けがの分析とトレーニング強度指針作成。
Ø 身体部位の計測と分析

7.指導方針

人間性

高校年代は社会に出る前の人間形成のステージと考え、社会人として責任と義務を果たせる判断力をつけさせたいと考えています。

指導者が具体的な指示をするのではなく、自分で考え、判断して、行動することを求めます。間違ったり、遠回りしたりすることがありますが、少し我慢して自分で気づくようにしています。

学習面

生徒として正しい学習態度を身に着けさせます。

  • 授業は正しい態度でしっかり聞く。
  • テストの準備をして、しっかり受ける。
  • 提出物を期限までに出す。

生活面

生徒として正しい生活習慣が身につくよう指導します。

  • 服装
  • あいさつ
  • 生活リズム
  • 規則をまもる。(学校、社会、交通など)

サッカー選手

18歳をプロになるサッカープレーヤーの入り口と考え、大人の選手として振る舞えるよう指導します。次のことを選手に求めています。

  • 高い戦術レベルの知識と実行
  • サッカー選手としての行動規範

目指すサッカー

ポゼッションサッカーをベースに、高度な戦術レベルの中で個人の判断が正しく行われ、相手チームとの駆け引きがおこなえるサッカー。

進路

ほとんどが進学しています。女子サッカーでプロになる選手は少ないです。したがって、まずは大学に進学してほしいと考えています。大学女子サッカーのレベルは高く、大阪桐蔭で学んだことをさらにステップアップしてもらいたいです。

【一般入試・スポーツ推薦・指定校推薦など】

早稲田大学、関西大学、立命館大学、同志社女子大学、順天堂大学、武庫川女子大学、国士舘大学、神奈川大学、大阪体育大学、桃山学院大学、姫路獨協大学、相愛大学、関西福祉科学大学、大阪国際大学、吉備国際大学、阪南大学、愛知東邦大学、至学館大学、中京女子大学、福岡大学、環太平洋大学短期大学部(愛媛FC)、森之宮医療専門学校 尚美大学 東洋大学 日本体育大学 ほか 【なでしこリーグなど】スペランツァ高槻、愛媛FC、ノジマ(神奈川) 

 8.なでしこジャパン、なでしこリーグで活躍する卒業生。

 今年で卒業生は125名となりました。卒業生でなでしこリーグなどで活躍している選手が多く出てきています。今後も増えると思われます。

氏名と所属チーム

1

柴田真奈未(2015-横浜FCシーガルズ)

1

村川紗貴(2009-2012FC吉備国際大学Charme、2012-Athletic Sports Harima ALBION、2009U-19日本代表候補)

2

英美佐(2011HOYOスカラブFC)

2

田中姿帆(2010-2013FC吉備国際大学Charme)

2

寺田真有(2015NGU名古屋FCレディース)

2

浅井貴恵(2015-大和シルフィード)

3

松井美樹(2011-2012元スペランツァFC大阪高槻)

3

佐藤 莉奈(2015-Athletic Sports Harima ALBION)

4

松川智(元2011日本女子U-19代表アジアユース選手権優勝、2012-早稲田大学)

4

金井奈苗(2012-ノジマステラ神奈川)

4

小川真名美(2012-愛媛FCレディース)

5

濱本まりん(2013-FC吉備国際大学Charme)

6

犬飼綾乃(2013-静岡産業大学磐田ボニータ

6

中村冬稀(2015-つくばFCレディース)

7

森田 有加里(2014日本女子U-17代表ワールドカップ優勝、2015-日体大SC横浜)

8

呉屋絵里子(2015-FC吉備国際大学Charme)


9.寮生活

 寮は遠方から本校を希望する者、勉強と部活動両立を目指す者に対して開かれた施設です。様々なクラブの生徒が親元を離れ充実した生活を行っています。

大阪桐蔭高校住道寮

名称

大阪桐蔭住道寮

建物

6階鉄筋コンクリート造りの3階、4階、5階を占有使用

セキュリティー

オートロック方式と暗証番号キーセキュリティー仕様。

エレベーターを利用しての他階からの侵入は、キースイッチにて制御。

部屋の形態

1室4人部屋。ユニットバス1基。2段ベッド。クローゼット。

寮費

58.000円/月額 20014年度実績による。物価高騰により変動の可能性あり。

*家賃に含まれるもの

月曜日から土曜日までの朝食、昼食、夕食。日曜日の朝食。(日曜日の昼食、夕食は含まない)

家賃寮費に含まれないもの

部屋の水道光熱費。(人数で均等割)

管理者

女子ゴルフ部コーチ女性2名が住込み。寮管理者女性1名が住込み。

居住者

女子サッカー部、女子ゴルフ部、女子バスケットボール部、女子陸上部、日本拳法部、T・U類生徒など約50名。

食事

寮の隣にある飲食店が寮生のために食堂を設置しセルフサービス形式で提供。

寮則

寮則の詳細は別途定めてあるが、学校の規則に準じる。

*  携帯電話持ち込み禁止

*  男女交際禁止

*  無断外泊禁止(毎夜22時に点呼)

帰省

授業、クラブ活動、公式戦の無い時期に実家に戻る帰省が1年に3回程度可能です。

 

10.下部組織フラミンゴ

 2009年大阪桐蔭高校本館グラウンドを使って小学生から中学生年代の女子サッカースクールを設立しました。また2012年に総合型スポーツクラブをモデルとした大阪桐蔭アスリートクラブを設立し中学生年代のサッカーチーム「フラミンゴフットボールクラブU-15」をスタートさせました。昨年2014年には全日本女子ユース(U-15)サッカー選手権大会大阪大会において優勝しました。現在2学年が卒業し大阪桐蔭高校女子サッカー部をはじめ、セレッソ大阪堺、京都精華、常盤木学園(宮城県)など全国強豪チームに進んでいます。

フラミンゴフットボールクラブの進学先

年度

主な進路先

2013

大阪桐蔭高校、京都精華女子高校

2014

大阪桐蔭高校、常盤木学園、セレッソ大阪堺レディース

11.20年長期計画

 創部から20年に向けて2013年に長期計画を立てました。今年は長期第1期(0-10年)目標の最終年にあたります。これまでの活動を検証して、次のステージが発展できるように1年をすごさないといけません。

【資料1】過去の大会記録

大阪高校春季サッカー大会〈女子の部〉

年度

回数

成績

試合結果

対戦相手

2006

 

準優勝

 

大商学園 

2007

 

優勝

決勝3−1(2−0)

合同A 

2008

 

優勝

決勝1−0(延長後半1−0)

大商学園 

2009

 

 

1次リーグ敗退

  

2010

 

準優勝

決勝リーグ(0−1大商、44−0此花、6−0星翔)

  

2011

 

準優勝

決勝リーグ(3−0星翔、37−0松原、0−0PK2−4大商)

  

2012

 

準優勝

決勝リーグ(11−0茨木西、16−0合同A、0−1大商)

  

2013

 

準優勝

決勝0−1(0-1)

大商学園 

2014

 

優勝

決勝1−0(1-0)

大商学園 

関西(近畿)高等学校総合体育大会〈女子の部〉

年度

回数

成績

試合結果

対戦相手 

2012

1

出場せず

 

  

2013

2

出場せず

 

  

2014

3

第3位

準決勝2-2(1-1)PK1-4

京都精華 

全国高等学校総合体育大会〈女子の部〉

年度

回数

成績

試合結果

対戦相手

 

2012

 

出場せず

 

 

 

2013

 

出場せず

 

 

 

2014

 

出場せず

 

 

 

大阪高校秋季サッカー大会〈女子の部〉

年度

回数

成績

試合結果

対戦相手

 

2007

62

優勝

決勝リーグ3−1大商学園、8−0堺女子

 

 

2008

63

優勝

6チームリーグで全勝優勝

 

 

2009

64

優勝

決勝リーグ2−1大商学園、8−0星翔

 

 

2010

65

準優勝

決勝リーグ1−1PK10−9星翔、1−4大商学園

 

 

2011

66

準優勝

決勝リーグ2−1星翔、1−3大商学園

 

 

2012

67

優勝

決勝リーグ6−0追手門、1−1PK5-3大商学園

 

 

2013

68

準優勝

決勝0-1

大商学園

 

2014

69

優勝

決勝1-0

大商学園

 

関西(近畿)高等学校女子サッカー選手権大会兼全日本高等学校女子サッカー選手権大会関西予選

年度

回数

成績

試合結果

対戦相手

 

2006

15

ベスト8

 

 

 

2007

16

準優勝

決勝0−6

日ノ本

 

2008

17

ベスト8

準々決勝0−2

大商学園

 

2009

18

出場せず

 

 

 

2010

19

優勝

決勝1−0

大商学園

 

2011

20

第3位

3位決定戦2−0

京都精華

 

2012

21

第3位

3位決定戦2−1

京都精華

 

2013

22

第3位

3位決定戦4−0

京都精華

 

2014

23

第3位

3位決定戦3−1

京都精華

 

全日本高等学校女子サッカー選手権大会

年度

回数

成績

試合結果

開催地

2006

15

出場せず

 

 

2007

16

1次リーグ敗退

3−1埼玉栄、0−6鳳凰高校、4−2桐陽高校

静岡県開催

2008

17

出場せず

 

    

2009

18

出場せず

 


2010

19

ベスト8

1回戦1-0磐田東、2回戦1-0修徳、準々決勝0-1EX常盤木

静岡県開催

2011

20

準優勝

1回戦3-0福井、2回戦3-0宇都宮文星、準々決勝3−2EX神村、

準決勝3−2EX十文字、決勝1−3常盤木

静岡県開催

2012

21

1回戦敗退

1回戦0-3十文字

静岡県開催

2013

22

ベスト8

1回戦1-1PK3-1湘南、2回戦2-1聖和、準々決勝0-1神村

静岡県開催

2014

23

ベスト8

1回戦1-1開志学園、2回戦5-1三重、準々決勝1-2藤枝順心

兵庫県開催

皇后杯大阪女子委員会杯大会兼全日本女子サッカー選手権大会大阪予選

年度

回数

成績

試合結果

対戦相手

 

2006

12・28

 

 

 

 

2007

13・29

第3位

3位決定戦2−1(延長1−0)

大商学園

 

2008

14・30

準優勝

決勝0−4

大阪体育大学

 

2009

15・31

優勝

決勝2−1

大阪体育大学

 

2010

16・32

2回戦敗退

2回戦1-1PK4-5

星翔高校

 

2011

17・33

準優勝

決勝1-3

大阪体育大学

 

2012

18・34

準優勝

決勝1-3

大阪体育大学

 

2013

19・35

第3位

3位決定戦2−1(延長1−0)

ヴィトーリア

 

2014

20・36

第3位

3位決定戦1−0

追手門学院高校

 

CIMG1042

関西女子選手権大会 兼 全日本女子サッカー選手権大会関西予選大会

年度

回数

成績

試合結果

対戦相手 

2007

36・29

ベスト8

2-2PK4-5

日ノ本学園 

2008

37・30

 

1回戦1-3

INACアマチュア

2009

38・31

準優勝

決勝0−7

日ノ本学園 

2010

39・32

出場せず

 

  

2011

40・33

ベスト8

準々決勝0-0PK10-11

スペランツァ高槻

2012

41・34

ベスト8

準々決勝1-3

姫路獨協大学 

2013

42・35

 

2回戦1-2

大阪体育大学 

2014

43・36

 

2回戦1-4

日ノ本学園 

全日本女子サッカー選手権大会

年度

回数

成績

試合結果

対戦相手

 開催地

2007

29

出場せず

 

 

 

2008

30

出場せず

 

 

 

2009

31

1回戦敗退

1回戦0−2

伊賀FCくノ一

三重県開催

2010

32

出場せず

 

 

 

2011

33

出場せず

 

 

 

2012

34

出場せず

 

 

 

2013

35

出場せず

 

 

 

2014

36

出場せず

 

 

 

全日本女子ユース(U-18)選手権大会大阪予選大会

年度

回数

成績

試合結果

対戦相手

 

2006

 

 

 

 

 

2007

11

第3位

準決勝1−2

ヴィトーリア

 

2008

12

優勝

決勝1−0

大商学園

 

2009

13

第3位

決勝リーグ1勝2敗

 

 

2010

14

優勝

決勝リーグ4-0ヴィトーリア、2-0大商学園

 

 

2011

15

予選免除

全国高校選手権準優勝のため予選免除

 

 



この大会は2011年度大会を持って高校チームの出場資格はなくなりました。


全日本女子ユース(U-18)選手権大会関西予選

年度

回数

成績

試合結果

対戦相手

 

2008

12

準優勝

決勝0-3

日ノ本

 

2009

13

出場せず

 

 

 

2010

14

優勝

決勝4‐0

京都精華

2011

15

予選免除

全国高校選手権準優勝のため予選免除

 

 


この大会は2011年度大会を持って高校チームの出場資格はなくなりました。



全日本女子ユース(U-18)選手権大会

年度

回数

成績

試合結果

開催地

2007

11

出場せず

 

 

 

2008

12

出場せず

 

 

 

2009

13

出場せず

 

 

 

2010

14

一次ラウンド敗退

0−1日テレ・メニーナ、5−1柳ヶ浦(大分)、3−4常盤木学園(宮城)

熊本県開催

2011

15

一次ラウンド敗退

5−0東北高校(宮城)、6−2MELSA熊本(熊本)、0−0日テレ・メニーナ(東京)

千葉県開催


この大会は2011年度大会を持って高校チームの出場資格はなくなりました。



大阪高校新人サッカー大会〈女子の部〉

年度

回数

成績

試合結果

対戦相手

 

2006

 

 

 

 

 

2007

 

優勝

決勝3−1

大商学園

 

2008

 

第3位

準決勝0-1

星翔高校

 

2009

 

優勝

決勝3−1

大商学園

 

2010

 

準優勝

決勝1−2

大商学園

 

2011

 

優勝

決勝0−0PK5-4

大商学園

 

2012

 

優勝

決勝2−0

大商学園

 

2013

 

優勝

決勝5−1

大阪学芸

 

2014

 

準優勝

決勝1−3

大商学園

 

 

関西高等学校女子サッカーリーグ

年度

回数

成績

試合結果

 

2006

15

 


2007

16

2部優勝

1−1大商学園、13−0神島、10−0北摂三田、4−0奈良育英

2008

17

1部準優勝

0−2日ノ本、1−0有馬、2−0八幡商業、13−0啓明、0−0大商学園

2009

18

1部準優勝

0−0日ノ本、0−0八幡商業、1−0京都精華、2−0大商学園

2010

19

1部準優勝

5-0京都精華、2-1八幡商業、3-2星翔、1-3日ノ本学園、2-0大商学園、

2011

20

1部3位

1-1京都精華、0-2大商学園、6-2星翔、17-0八幡商業、4-1日ノ本学園

2012

21

 

4-3京都精華、7-0星翔、2-1大商学園、5-0八幡商業(棄権)、0-5日ノ本学園

2013

22

優勝

1-0大商学園、2-1日ノ本学園、4-0京都精華、4-0星翔、3-0八幡商業

2014

23

優勝

5-0星翔、0-2日ノ本学園、1-0京都精華、3-0追手門学院、4-0大商学園

P7290288

 

歴代チーム写真


1期生

CIMG1042

4-6期生

IMG_0704

1-2期生

CIMG1046

5-7期生

1-3期生

2008個人・集合写真 003

6-8期生

2-4期生

09集合写真

7-9期生

3-5期生

10集合写真